奇跡の免疫ビタミンのLPS

「ワクチン」の誕生秘話

●「ワクチン」の誕生秘話

14世紀の西欧を襲ったペストの様に17世紀から18世紀にかけて「新種のペスト」が西欧で猛威ふるいました。

ペストは1348年にヨーロッパの人口3分の1にも及ぶ人々の生命を奪った伝染病です。

しかしながら14世紀において、ペストにかかっても症状が比較的に軽くすんで、その後二度とペストにかからなかった人達がいたのです。

その後、別の伝染病においてエドワード・ジェンナーと言う男が伝染病にかかった人の膿をある子供に注射すると言う一見、不潔で大胆な事を行いました。

もしもの事が起これば男は罪を問われる所でしたが、男にとっても子供にとっても幸運な事に天然病から免れました。

このころ、18世紀末では病原微生物はまだ明らかではありませんでした。
しかしこの時すでに「二度なし現象」を利用した予防法が発見されたのです。

やがて色々な病原微生物が発見され、19世紀末にはこれ等の病原微生物を弱毒化し、注射して伝染病を予防するという画期的な方法が「パスツール」によって発明されました。

パスツールはジェンナーに敬意を表して、この予防法にワクチン療法という名を付けたのです。

「ワクチン」と言う言葉の由来は、ジェンナーが目を付けた牛の伝染病の雄牛から言葉を取ったのが由来だったのです。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.