奇跡の免疫ビタミンのLPS

「病原微生物」というアイデアの誕生

■「病原微生物」というアイデアの誕生

瀉血療法はつい最近まで西欧において根強く残っていたのですが、17世紀になると、体液病理学説とは違う考え方が芽生えてきました。

なにか目に見えない小さな生き物、すなわち微生物こそが疫病の原因なのではないかと言うアイデアです。

ちょうど同じころ、偶然なのか必然なのか、タイミングよく顕微鏡が誕生しました。

長く人類を苦しめてきた病原微生物を突き止めるべく、顕微鏡の倍率が日々改善されていったのです。

しかし残念ながら「これだ!」という病原微生物が発見されるには200年以上の月日がかかりました。

やがて19世紀、結核とコレラ新たな疫病が流行り、あたかも14世紀の西欧をペストが襲ったかのような悪夢の再到来でした。

そして19世紀末になるとドイツのロベルト・コッホ(1843~1910)によって、ついに結核菌とコレラ菌が発見されたのです。

この発見が火種となり次から次へと病原微生物が明らかになりました。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.