奇跡の免疫ビタミンのLPS

免疫学の誕生について

■免疫学の誕生

疫の苦痛から免れる仕組みを解き明かし、これを人々の健康に役立てようとしたのが免疫学の始まりです。

「疫とは疫病」つまり伝染病の事です。

伝染病から回復した人は、その病気にかかっても、命を落とすまでにはならない事が、遠く紀前年からしられていました。

14世紀には人口の3分の1を奪ったというペストの大流行の時にも、患者の世話をしたり死体の始末をした修道僧の中にはペストにかかっても、症状が軽くすんで、その後、二度とペストに掛からなかった人達がいて、『神の恩寵を授かった人達』と崇められました。

疫病が、何か目には見えない微生物によって起こると考えられるようになったのは、以外にも、西欧では17世紀に成ってからの事でした。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.