奇跡の免疫ビタミンのLPS

ヘルパーT細胞の重要性

●犬のヘルパーT細胞の重要性

抗原のかけら(抗原断片)を提示されたヘルパーT細胞はそのかけらを調べて、「これは仲間ではない。」非自己だと認識すると
抗原をやっけるべく行動を起こします。

ヘルパーT細胞がサイトカインという化学物質を放出します。
すると、キラーT細胞もサイトカインの刺激を受けてウイルス感染細胞を傷害するのです。
同じようにマクロファージもサイトカインの刺激を受けウイルスを捕らえます。

しかし、問題が解決したわけではありません。
なぜならキラーT細胞はウイルス感染細胞を死滅させますが、ウイルス自体は死滅させる事が出来ないからです。

ウイルス自体は「抗体」に捕らえられる事で初めて病原性を失います。
この抗体を放出するのがB細胞です。

B細胞もT細胞、同様に血液中を流れ全身を駆け回ります。

B細胞は体内の抗原を捕らえ細胞内に取り込み消化して、クラスⅡMHC分子に抗原の断片をのせてヘルパーT細胞に提示しその後、指令を待つのです。
やがてヘルパーT細胞よりサイトカインが放出されると活性化し、抗原を攻撃する抗体を発射します。

上記のように、ウイルスに感染した細胞はキラーT細胞によって最期を遂げ、また逃れたウイルス達は抗体により捕まりマクロファージに死滅させられるのです。
これが、免疫反応の大体の仕組みです。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.