奇跡の免疫ビタミンのLPS

マクロファージの登場

●マクロファージの登場

風邪のウイルス(非自己抗原)が体の中に入ってくると細胞に感染する風邪のウイルスもいますが、マクロファージに食べられてしまう風邪のウイルスもいます。

マクロファージはウイルスを嚙みちぎり、かけら(抗原断片)をヘルパーT細胞に捧げる様に提示します。
この過程を「抗原提示」といいます。マクロファージを抗原提示細胞とも言います。

このウイルスのかけら(抗原断片)を捧げるマクロファージの両手のような分子はクラスⅡMHC分子と呼ばれています。

クラスⅡMHC分子に結合した抗原断片を認識したT細胞の「手のような分子」はT細胞受容体(T細胞レセプター)と
呼ばれています。

この両者の関係は、まるで鍵と鍵穴の様に特異的に結合する関係になっています。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.