奇跡の免疫ビタミンのLPS

二度なし現象

■「二度なし現象」

コッホをトップバッターとして、多くの研究者たちによって次から次へと病原微生物が明らかにされていった19世紀末フランスにルイ・パスツール(1822~1895)が登場します。

伝染病から回復した人は、再びその病気にかかっても致命的には成らないことに最初に気づいたのは紀元前の歴史家トゥキュディデスといわれています。

パスツールはその鋭い観察を「二度なし現象」として再発見します。

まず鶏に、コレラを起こす病原微生物を無毒化して注射してみました。そうすると鶏はコレラに罹りにくくなりました。

また狂犬病の病原成分を無毒化して狂犬病の犬にかまれた人に注射して狂犬病の発病を予防することができました(1885)。

パスツールはある人物に敬意を表しこの予防法にワクチン療法という名前をつけました。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.