奇跡の免疫ビタミンのLPS

免疫の概念

●始めに概念があった

17世紀にはいり「疫病は見えない生き物が原因で起こるのではないか」という概念が生まれ19世紀末に病原微生物という実体が明らかになったという話を前回までの中でお伝えしました。

18世紀末になると、新たな概念が生まれ無毒化した病原微生物という実体を使う治療法、すなわち「ワクチン療法」が開発されたのです。

1969年にピーター・ブレッチャ-とメル・コーンによって「他の細胞達を助ける細胞がいるに違いない」という概念から免疫反応に大きな役割を果たすヘルパーT細胞が発見されたのです。

やがて20世紀半ばになるとDNAという実体が明らかになりました。

上記で述べてきた様に新しい「概念」を作り、それらを実体として明らかにしていく事によって近年における科学の急速な発展があるといっても過言ではないでしょう。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.