奇跡の免疫ビタミンのLPS

病は気からではなく病は液から

■病は気からではなく病は液から

紀元前から17世紀に至るまで、西欧では「人間は血液、黄胆汁、黒胆汁、粘液、の4つの液体から出来ており、これらの液体のバランスが崩れる事で病気になる」と考えられていました。
これを 『体液病理学説』と言います。

病気になった人には、これらの体液のバランスを整える、血液を抜くと言う方法がとられていました。
いわゆる『瀉血療法』です。

今となっては信じられない事なのですが、例えば結核で血をたくさん吐いている人に対して、血液をさらに、抜くなどと言う治療が19世紀までの最も重要な治療法で、なんとそれは、1940年頃まで行われていたのです。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.