奇跡の免疫ビタミンのLPS

60兆個細胞の身体

●私の体とは!

「1から60兆個への変化過程」

人の体はおよそ、60兆個の細胞から出来ています。

無数ともいえる細胞も、最初は1個の受精卵から生まれ、それから分裂を繰り返し2倍2倍と増殖してきました。

それぞれの細胞は性質を変え皮膚の細胞や筋肉の細胞や肝臓の細胞など様々な形や働きを持つ細胞達が出来ていくのです。

●細胞には「私」という目印があります

細胞は目印を持っています。
それは、クラスIMHC(主要組織適合遺伝子複合体)というタンパク質です。

指紋が一人一人異なるように、クラスIMHC分子の立体的な形も異なっています。

クラスIMCH分子な形が同じならば細胞が「同じ仲間」だと認められます。

しかし、形が異なる分子を持つ細胞がいたとしたら、それは「仲間じゃない!」(非自己の細胞)とみなされます。

もともと「私」の中にいるキラーT細胞(細胞障害性T細胞)という殺し屋専門の細胞に排除されます。


他人の臓器を移植した時に拒絶反応が起こるのも形が異なるクラスIMHC分子をもった細胞達が移植されるからです。

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.