奇跡の免疫ビタミンのLPS

B細胞受容体の形成

●B細胞受容体の形成

1つ1つのB細胞はそれぞれ1種類の細胞受容体を作ります。

抗体は、2本の長いタンパク質と2本の短いタンパク質で出来てます。
それぞれの抗体で形が異なり、可変領域といいます。
この可変領域にて、抗体は異物を捕まえるのです。

タンパク質は遺伝子という設計図をもとに作られるのですが、抗体タンパク質が作られる時には、設計図の中から好きなパーツを選んで切り貼りするということが行われています。

H鎖の設計図(遺伝子)は、4つの遺伝子、V遺伝子、D遺伝子、J遺伝子、C遺伝子をつなげてできているのですが、例えば、あるB細胞は、V遺伝子断片群から1つ、D遺伝子断片群から1つ、J遺伝子断片群から1つ、とランダムに選んでそれらをつなぎ合わせます。

これらの様に組み合わせによってB細胞は無数の抗体を作り出します。
これを「遺伝子の再編成」と呼びます

PAGETOP
Copyright © LPS最前線 免疫ビタミンLPS研究機構 All Rights Reserved.