他の人々や社会にわかち、常に全体の幸福をはかるように努めるのです。

自分の努力の結果を、他人や社会に還元するのです。

それは、他人、社会と思わず自分と思えば、投資は行うことになります。

これ誠に二宮尊徳のお湯の図なり。

ナポレオン・ヒルは書物の中で、他人は自分である。そこに投資するのは

当然であると述べている。